財務トピックス(コンサルタントコラム)

「事業見直しの8戦略」 コロナ後やるべき事業見直しまとめ

  • 最終更新日/

―――――――――――――――――――――――――――――――
8分類で自社の未来を正しく照らす、アフターコロナ下の新常識。
―――――――――――――――――――――――――――――――

前3回のメルマガでは「コロナ後やるべき事業見直し」というテーマで、アフターコロナ市況である現在において最も大切な思考は、まず1にも2にも資金繰り(≒キャッシュフロー)であり、それを単に通帳の現預金だけで管理するのではなく、貸借対照表や損益計算書も有機的に活用することの大切さをお伝えしました。

◎第1回コラムはこちらから

◎第2回コラムはこちらから

◎第3回コラムはこちらから

そして今回は最終回として、3回の考え方をミックスした「事業見直しの8戦略」という考え方をお伝えします。
これが貴社を見直す1つのきっかけとなればと考えています。
早速、以下の図をご覧ください。

【図1】事業見直しの8戦略

上記の図は、これまでお話してきた貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、そして資金繰り(CF)が、それぞれどのような状況にあるかを示した図と、その状況に応じて取らねばならない基本戦略です。
もちろんどの企業でも、しっかりと資金繰りを回し、自己資本を蓄積し、毎年利益が出ている状況(1)を目指したいものです。
しかし、コロナ市況の発生に伴いこれまで1のポジションにいた企業が3の状況に落ち込み、体力はあるが赤字が継続してしまうと厳しい、という局面を迎えるかもしれません。

そこでやみくもに「とにかく売上の回復だ!」と走るのではなく、あと何ヶ月かかれば、事業は今まで通り1の状況に戻れそうなのか、そもそも1に戻るためには損益がネックなので、売上を急上昇させなくとも、減収した分費用を削減する動きを取った方が良いのか…といったことを、1度呼吸を落ち着けて検証する必要があります。

金融・M&A支援部に所属していると、とにかく決算書や試算表の数字を扱う仕事をするので、相対する社長からは「で、結局その数字はどうやって現場に落とし込むのか?」という部分を指摘されることが多くあります。
たしかに、これまでコラムでご紹介してきた3つの指標も、理解できたからといってすぐに売上・利益が回復するわけではありません。
一方、これら数字を「事業見直しの8戦略」をベースに分かりやすい情報に置きなおし、再建というゴールに向かうための羅針盤として活躍させる手法は、行き先が非常に見えにくいアフターコロナの市況においては必須と言えるのではないでしょうか。

まずは自社の最新の試算表、または決算書を並べてみて、自社が8戦略のどの部分を取るべきなのかに関して、じっくり検証することを進めていただければと思います。

そして最後に、ここまで読んでいただいた方向けに、弊部ではこのコラムの内容のように事業の見直し、あるいは再建に向けて自社が「いま」何をするべきなのかをお伝えするための無料経営相談(オンライン可)を開催しております。
下記でご紹介しております。

【経営相談】お申し込みはこちらから

また個別でのご相談は…という方に関しては、2020年7月、8月に「【webセミナー】経営改善のための融資見直しセミナー」と題し、オンラインで、コラムにあったような内容をさらに深堀する内容の無料セミナーを開催する予定です。
講師は、コロナ市況発生後に合計で100件以上の財務・融資に関する経営相談に向き合い、いまのリアルな現場を知り尽くした弊社コンサルタントが担当します。
こちらもぜひ、今後の経営の参考までにぜひ、お申し込みいただけましたら幸いです。詳細は、下記をご覧ください。

―――――
金融・M&A支援部では、上記の通り「【webセミナー】経営改善のための融資見直しセミナー」を開催します。セミナーでは今回のコラムに登場したような分析手法のほか、100件以上のコロナ関連の財務相談に向き合ったコンサルタントから、具体的な事業見直しのプロセスに関してお伝えします。一同、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

オンラインセミナーのため、場所を問わずにご参加いただけます。またご参加者様の名前や顔が他の参加者の方に知られることはございませんので、安心してお申し込みください。 

お申し込みはこちら

【詳細】
「【webセミナー】経営改善のための融資見直しセミナー」(無料
・2020年7月29日(水)13時~14時@WEB
または
・2020年8月5日(水)13時~14時@WEB
(※2日程ご準備しておりますが、内容は同一のものを配信します。都合の良い方にご参加ください)
⇒お申し込みはこちらのリンクから:https://www.funaisoken.co.jp/seminar/062689

第1講座
「企業再建を2倍速にする融資見直し術」
株式会社船井総合研究所 金融・M&A支援部
コンサルタント 片山孝章

第2講座
「明日から取り組んで欲しいこと」
株式会社船井総合研究所 金融・M&A支援部
リーダー 石田武裕

【こんな方におすすめ】
・危機対応融資で足元の資金繰りは問題ないものの、今後の再建について考えている経営者の方
・本格的な事業再生には突入していないものの、金融機関とのやり取りが必要だと感じる経営者の方
・コロナ発生後に100社以上の財務相談に向き合ったコンサルタントから「いま」行うべき対策を学びたい方

当日緊急連絡先
070-2278-6418(片山)

(※)当該セミナーは企業経営者および、経営陣の方向けのWEBセミナーとなっております。
   士業の方、コンサルティングビジネスを営んでおられる方等は、ご参加を頂戴してもお断りする場合がございますので、悪しからずご了承くださいませ。

【この記事を書いたコンサルタント】
片山 孝章

メガバンクの法人営業担当として3年勤務したのち、船井総合研究所に中途入社。 3年の勤務ながら地方拠点・都市拠点の両方を経験し、
スタートアップ企業に対する創業支援融資から、中堅~大企業向けの各種金融業務を学ぶ。 現在は若手担当者ならではの素早く、小回りの利いた対応を心がけることで、 経営者の表面的ニーズのみならず、想いにも寄り添える提案を心がけている。

flag人気の記事
gradeオススメの記事

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less