財務トピックス(コンサルタントコラム)

アフターコロナにチャンスを掴む!今から始める財務の備え

  • 最終更新日/

—————————————————–
危機を乗り越える企業が持っている「重要な視点」とは
—————————————————–

新型コロナウイルスの影響も収束が見えづらい状況の中、経営に不安をお持ちの経営者も多いかと思います。
収束をただ「待つ」のではなく、しっかりと次の「攻め」の体制を「今」準備することが重要です。
危機収束後に次の成長のチャンスを手にするためにできる、準備のポイントをお伝えしたいと思います。

かつてない有事だからこそ、コロナ対策融資で資金調達して危機が終わるのを待つという考えもあります。
しかし、人口減少、DX化、働き方改革など、これだけ変化の早い時代は、もはや常に有事の時代と言えるかもしれません。

今回、全4回のメルマガでは、”ピンチ”を変革の”チャンス”として切り替えるための「財務戦略のヒント」をお伝えしたいと思います。

まず初回は、危機を乗り越える企業が持つ「重要な視点」をお伝えします。

これまでは、以下のような考えの経営者が多かったのではないでしょうか?

「とりあえず売上や利益がどんどん伸びていれば問題ない」
「銀行からは借りるだけ借りておけば良い」
「会社のお金の流れは感覚で上手くまわっている」

このような考えではかなり危険な状況と言えます。
今回のように、経済全体に影響を与えるような有事の際には、たちどころに会社の経営に危険信号が点灯します。

「コロナ対策融資を活用してある程度の資金調達ができたので、当面の資金繰りは問題ない。」
という状態で終わっていては、対応が後手になってしまい、状況が改善した際に成長軌道にのせるまで時間がかかってしまいます。

このような機会こそ会社を変革させるためのチャンスです。
では、会社を変革させるために、会社の財務をどのように変革させていくべきなのでしょうか?

それは、キャッシュフローを意識するということです。

いかに、企業活動を通して現金を生み出すか。
この考えがなければ、企業が大きく成長し、強くなることは出来ません。

企業が「生き残る術」は、いかに現金があるか、いかに現金を増やせるかどうかです。

つまり、P/Lベースで物事をとらえるのではなく、CF(キャッシュフロー)ベースで会社の経営を考えていくということです。
もちろん、P/Lが重要ではないと言っている訳ではありません。
ですが、黒字倒産という言葉もあるくらいです。
黒字のために会社を倒産させていては元も子もありません。
やはり、「Cash is king(キャッシュ・イズ・キング)」へと意識を転換していく必要があります。

CFを経営にいかせば、企業は強くなります。
会社が強くなれば、チャンスを逃さずに成長の芽を掴むことができます。

まずはこの危機を「生き残る」。
そして、次に来るべき成長のチャンスを逃さないことが、今できる準備ではないでしょうか?

今後の景気後退局面では、M&Aの売り案件が増加する可能性もあります。
また、後継者不在の企業にとっては、このような危機は先行きが非常に不透明で悩みも大きくなっているかと思います。
最近では海外の投資ファンドが日本国内で、事業売却の受け皿になる大型ファンドを設立したりというニュースも耳にします。
このような危機後には企業再編などが進む可能性もあります。

是非、その際にしっかりとスピーディーな判断が出来るように、会社の現状を理解し、何より強い資産である「現金」を会社に残す体制作りを心掛けていただければと思います。

重要なことは、感覚ではなく、数値で可視化することがポイントです。
今回は、「経営の重要な視点としてのキャッシュフロー」という考えをお伝えしました。

次回は経営の可視化についてお伝えしたいと思います。

<関連セミナーのご紹介>
今回、全業種の経営者様向けに「成長実現のための準備セミナー」を実施いたします。
危機を乗り越え、次の成長機会をしっかりと掴み取りたいという経営者様は是非、ご参加を検討いただければ幸いでございます。


<開催概要>
1年で売上126%、営業利益227%。資金調達1.6倍!ヨシムラ・フード・ホールディングスに学ぶM&Aで成長を加速させる経営戦略

◆日程:9月14日(月) 13:00~16:30(12:30~受付)

◆場所:WEB開催

◆講座内容
第1講座①:M&Aで成長を加速させる経営戦略
第1講座②:ヨシムラ・フードHD×船井総研トークセッション
 講師 / 株式会社ヨシムラ・フード・ホールディングス 代表取締役 吉村元久氏

第2講座:積極的なM&Aを実現する資金調達手法
 講師 / 株式会社船井総合研究所 チームリーダー 竹村良太

第3講座:コロナ禍でのIPOの状況とIPO前後でのM&A戦略
 講師 / 株式会社船井総合研究所 シニアコンサルタント 宮井秀卓

第4講座:まとめ講座
 講師 / 株式会社船井総合研究所 ディレクター 宇都宮勉

参加のお申し込み、またはセミナーについて詳しく知りたい方はコチラから⇒
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/060052

※経営者若しくは財務責任者の方のみとさせていただきます。
※事業会社向けのセミナーでございますので、同業、競合等に該当する企業様のご参加をお断りさせて頂く場合がございます。
 予めご承知置き下さいませ。

【新型コロナウイルス感染症対策に伴うセミナーのWeb開催について】
2020年8月・9月に開催のセミナーは、Webによる開催を予定しております。
※今後の状況によって、変更させていただく場合がございます。
対象のセミナーにお申し込みをいただいたお客様に対しては、 メール・電話等により、参加方法等につきご案内をさせていただきます。
上記をご了承のうえ、お申し込みください。

◎次回の内容はこちらから

【この記事を書いたコンサルタント】
金融・M&A支援部

船井総研の財務コンサルティングは、企業の業績アップを「資金と管理面」からバックアップする実行型コンサルティングです。
財務指標をただ算出してその上下を評価するのではなく、それらの指標をどのように経営判断、投資判断材料とするのか、持続的な成長を支える為に必要な資金調達額を最大にするための施策を検討、実行します。
攻めの投資を実現する際に最も大切なことは、その1期のみ最大の成果を出せることではなく、持続的に最大限の成長を継続することです。
それを資金面から実現する戦略をデザインします。

flag人気の記事
gradeオススメの記事
中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
expand_less