財務トピックス(コンサルタントコラム)

管理会計とは?財務会計との違いも解説!①

  • 最終更新日/

1.管理会計とは?

管理会計とは、社内向けのデータを作成する会計業務のことを言います。管理会計では事業計画や経営方針を定めるための参考資料が作られます。

これらの資料はあくまでも社内の人間が確認するためのものです。
外部に公示される目的はなく、仕様にも厳密なルールはありません。資料に目を通す人間が理解できるのであれば、作成者ごとの書式でも認められます。

ただし、「事業計画書」や「中期経営計画書」といった重要な書類の基となるので、内容には正確性が求められます。
そのほか、管理会計は経営課題を見つけるためにも欠かせません。原価の計算や経営計画の予実管理などを管理会計で突き詰めていくと、社内の本当の損益やお金の動きが詳しく見えてきます。

こうした動きによって無駄な費用や利益につながっていない業務などが明らかになるので、今後の改善点がはっきりします。
早い段階で経営を軌道修正し、黒字決算を目指すうえで管理会計は大きな役割を果たします。

2.財務会計とは?

財務会計は、企業関係者への報告をするために重要になります。

企業は、年1回(決算期の変更によってはそれ以上)株主や出資者、税務署などに対して決算情報の報告が必要になるケースが多いです。
それ以外でも銀行等の資金に関わる取引先等からは、当該企業の財務の健全性や、現状を把握する為に決算情報の開示を求められます。
そういった中で、報告内容に誤りがあったり、義務を怠ったりすると企業の信用は失墜します。

ときには、新規の投資に対する融資や、必要な年度資金の調達が取りやめになるなどの問題にもつながる可能性があります。
その為、企業は外部に経営状況を伝えるための貸借対照表や損益計算書などの財務諸表を適正な時期までに作成して、適正なルールで作成したと証明して報告決まりとなっています。

この、財務諸表は銀行に融資を依頼したり、投資家向けの資料として提出したりする際にも使用されます。
財務諸表を見れば企業の経営状況がわかるので、作成は慎重に行わなくてはいけません。
また、財務諸表は外部への公示を前提としています。国内外のルールに従い、公的な資料として認められる内容にすることが必須です。

3.管理会計と財務会計の違い

管理会計は、企業の経営者や部門ごとの管理者などのために作成され、経営管理のための会計情報となっています。
そのため、内部報告会計という別名でも呼ばれます。自社の発展および生き残りのため、内部で活用するための会計情報です。
 
管理会計のデータは、将来の経営計画のために分析・活用されます。
管理会計は、社内の業績管理で利用するためのものですので、決められた方法はありません。会社独自で有用な情報を得られるように設計します。

対して財務会計は、企業の外部の利害関係者に対して自社の経営成績を示し、利害を調整する役割を果たします。
また税務署などへ提出するための書類としても使われます。
つまりは、外部へ自社の情報を報告するための会計情報ともいえます。
過去1年間の企業全体の経営成績を集約し、金額によって業績を表します。

財務会計は、外部への業績目標や税金計算などのために用いますので、決められた会計ルールに従って会計処理をする必要があります。
このように、作成される目的・用途・開示する相手が異なります。

4. 企業会計原則

財務会計を行うにあたり、会社は「企業会計原則」に従わなければいけない責務があります。

これは1949年に企業会計制度対策調査会が公表した会計基準であり、その後は1990年代後半の会計ビッグバン(会計基準の大改正)等を経て、現在では以下のような8つの原則が定められています。
中でも重要なのが「1. 真実性の原則」であり、これは粉飾決算など偽りのある財務報告をしてはいけないことが定められています。
次週は「管理会計を導入するメリットと活用法」について確認していきましょう。

次回の内容はこちら

【この記事を書いたコンサルタント】
家山 祐希

立命館大学経済学部卒業後、船井総研入社。
入社後はアミューズメント支援部にて、店舗の調査を行い、業績アップ支援に従事。
競合の店舗調査・調査結果の分析により、業績アップに必要なパチンコ台導入を提案し業績アップに貢献。
2020年1月より、金融M&A支援部へ異動。
豊富な財務知識をバックボーンに、徹底した現場主義に基づく財務支援を行い、業績アップに貢献が可能。
学生時代、陸上競技の走高跳にて富山県No.1にて国体選抜選手となった経験を有する、熱血派体育会系コンサルタント。

flag人気の記事
gradeオススメの記事

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less