財務トピックス(コンサルタントコラム)

欧州サッカーチームに見るバランスシート事情

皆様こんにちは。
船井総合研究所金融財務支援部の堀口です。
いつもお読みいただき、誠にありがとうございます。

スポーツの秋ということで、野球観戦やサッカー観戦に行かれる方も多いのではないでしょうか。
本日はスポーツチームを例にB/Sについて見ていきたいと思います。

私のご支援先や、弊社のお客様でもスポーツチームのオーナーやスポンサーをしている方も多くいらっしゃいます。
またこれから、オーナーになろうと検討されている方、スポンサーになられる方には特にお目を通していただければ幸いです。

先日、世界で最も価値のあるサッカークラブであり、世界で最も稼いだサッカークラブである、レアル・マドリーが本拠地としている「エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウ」を約764億円かけて大型改修を行うというニュースを目にしました。

債務の返済期間にもよると思いますが、年間返済金額は数十億円に上るでしょう。
中小企業からするとなかなか考えにくい返済金額ですが、一般的な考えであれば、返済に苦しくなってくることが予想されますね。
欧州サッカーの移籍市場は年に2回あり、強豪チームであればあるほど血の入れ替えが激しく、選手の移籍が活発です。
今夏には世界的有名選手であるクリスティアーノ・ロナウド選手(ポルトガル代表)がセリアA・ユベントス(イタリア)に移籍した時の金額は推定150億円、レアル・マドリーの現在のレコード記録であるギャレス・ベイル選手(ウェールズ代表)の移籍金は推定120億円とされています。

さて、お気づきだろうか?
その移籍金はどこに計上されるのだろうか。

実はサッカーチームは選手が商品なのでB/S上、資産として計上されます。

https://www.nikkei.com/article/DGXZZO50942910U3A120C1000000/

以下:引用
一般企業と同じように、クラブが抱える資産と負債の額はバランスシートで示される。ユースからそのままトップチームに昇格してプレーしている選手の場合、実はバランスシートには何も記録されない。その選手の「金額」がまだ決まっていないからだ。
他のクラブから獲得した選手の場合は違う。相手クラブに支払った移籍金の額が資産として計上され、契約年数によって減価償却されていく。パソコンや工作機械など、一般企業の設備と同じ具合だ。

非常に興味深いですね。
他チームから獲得すればするほど、B/Sが膨らみますね。
サッカーチームでいうと、現在一番金額が大きいのはパリに本拠地を構えるPSGことパリ・サンジェルマンでしょう。
キリアン・ムバッペ(フランス代表)、ネイマール(ブラジル代表)、エディソン・カバーニ(ウルグアイ代表)が代表例です。

こういった見方でサッカーを見るだけでも、チーム編成、補強戦略も見えてきます。
サッカー観戦の新たな見方ですね。
お読みいただきありがとうございました。

【この記事を書いたコンサルタント】
堀口 拓矢

地方銀行に入行後約2年半、中小企業向けの融資営業に従事。
500社以上の中小企業のオーナーと相対し、多岐にわたる課題に対して、顧客目線での解決に向けたソリューション提案を行ってきたことが強み。常に経営者目線を追及し、経営者とともに成長することを信念としている。現在は前職での財務の知識を中心に、経営者と同じ方向性を見ながら企業の成長過程をバックアップしている。

flag人気の記事
gradeオススメの記事
最新!経営者の財務活用事例レポート

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less