財務トピックス(コンサルタントコラム)

赤字でも銀行から資金調達を実現するための方法~赤字の要因を説明する~

皆さん、こんにちは。
いつもメルマガをお読みいただき、ありがとうございます。
金融・M&A支援部の竹村です。
今回は資金調達を最大化させるためのチェックリストの無料特典付です。
ぜひ、最後まで読んでいただければと思います。

経営者の皆様から良く耳にする言葉があります。

「新規出店して赤字になりそうだけど、銀行から借りたお金返せって言われないですか?」
「今期は赤字になりそうだけど、これって銀行から借入するためにはまずいよね?」
「税理士先生から償却不足で黒字に出来ますって言われていますがした方が良いですか?」

赤字=悪という考えは強いかと思います。
もちろん、赤字にならないに越したことはないですが、
必要以上に赤字を恐れるのも良くありません。

上場企業では毎期、資産の査定(評価)を行います。
そして、その資産があげる収益力が落ちたと判断した場合、
減損損失という費用を計上します。
また、資産の価値が下がっている場合も同様に、
費用として資産評価損を計上しています。

もちろん、これはP/L、B/S上の話ですので、
お金の動きで実際に支出が伴うわけではありません。
このように厳しい資産査定を実施することで
簿価と実態のP/L、B/Sを合わせる作業をしています。

一方、中小企業においては、この時価会計は
ほとんどのケースでは利用していません。
しかし、銀行はこの実態の資産査定や収益力の評価を毎期、
中小企業に対しても行っています。

つまり、何が言えるかと言うと、
銀行は中小企業においても資産価値や収益状況を個別に調整し、
実態のB/SやP/Lを算出し、融資姿勢などを決めています。

冒頭の償却不足についての質問はもちろん、
決算書をみれば記載されており意味のないということが分かります。

つまり、赤字を「隠す」ではなく、
「なぜ」赤字になったのかという説明が重要になります。

新規出店により、先行して人件費が〇〇百万円かかり今期は〇百万円の赤字になりました。
退職金の発生により〇〇百万円の費用がかかりました。
原油価格が高騰して昨年度対比で〇〇百万円減価が増えました。

そして、説明した後に今後どうなっていくのかを説明します。

新規出店が軌道にのってきており、
単月で黒字も達成してきており収支が改善しています。

退職金は一過性要因ですので、翌年度は問題ないです。

原油価格の高騰により価格転嫁も一部実施しており、
損益は徐々に改善見込みです。

このように「なぜ」⇒「対策をどうした・どうする」を
説明するだけで印象が変わります。
そのなかでなるべく、「一過性要因」として赤字の要因を説明し、
具体的に金額がいくらかということをお伝えすると説得力が増します。

ようは、会社としては本来的には稼ぐ力ありますよ!
こういう理由で一時的に赤字ですよという説明を、
いかに根拠を基に伝えるか。

この取り組みをすることで、
銀行の評価を維持することが出来る可能性があります。

赤字を不必要に恐れるのではなく、
まずは理由や対策を説明することで、
安定した資金調達を実現することも可能です。

決算という単年度で区切ってしまうとどうしても
適正な評価がされないというタイミングも発生します。
それ自体は仕方のないことですし、無理に調整しようとすると
どこかで歪みが発生してしまうかもしれません。

そうではなく、将来どうなっていくかについての説明に
力を注ぐ方が銀行と建設的な関係を築くことが
出来る可能性が高くなります。
また、赤字要因を具体的に説明することで、
この会社はしっかりと自社の分析を行っている企業
ということで評価を上げる可能性もあります。

今回は、赤字でも銀行から資金調達を実現する方法として、
赤字要因の説明と対策をテーマとしてお伝えしました。
ぜひ、この機会に自社の取り組みを見直していただければと思います。

今回は特典として、
『自社の資金調達を最大化させる財務業務のチェックリスト』を
無料でダウンロードいただけます。
まずは、自社の現状を把握していただき、
今後の財務戦略を考える機会としてもらえればと思います。
 
 


<特典>
 
資金調達を最大化したい経営者・財務担当者の方、必見!
“新作”無料ダウンロードコンテンツ

今回は特典として、『自社の資金調達を最大化させる財務業務のチェックリスト』を
無料でダウンロードいただけます。
まずは、自社の現状を把握していただき、今後の財務戦略を考える機会としてもらえればと思います。


 


<関連セミナーのご紹介>
 
今回、全業種の経営者様向けに攻めの投資で年商を2倍にする
財務戦略を紹介するセミナーを開催いたします。
 
金融機関と良好な関係性を築くことで、
成長投資のための資金調達を実現されたエピソードを聞くことができます。
 
金融機関との関係でお悩みの方や成長投資を実現していきたい経営者様はぜひ、
ご参加を検討いただければ幸いでございます。
 

https://lpsec.funaisoken.co.jp/funai-finance/seminar_lp/052163_lp/

<開催概要>
「売上75億円に対して借入53億円!攻めの投資で年商を2倍にする財務戦略
~Mipoxに学ぶ技術力頼みではなく、経営力で勝ち抜く会社づくり~」

◆日程:11月12日(火) 13:00~16:30(12:30~受付)
◆場所:船井総合研究所 東京本社 (JR丸の内北口より徒歩1分)
◆講座内容
第1講座:攻めの投資を続けるための資金調達術
第2講座:攻めの投資を続けるMipoxの財務戦略
第3講座:攻めの投資を支えるキャッシュフロー戦略と資金管理手法
第4講座:まとめ講座

▼参加のお申し込みはコチラから
https://member.funaisoken.co.jp/seminars/a2m100000099naI/sign_in

▼セミナーについて詳しく知りたい方はコチラから
https://lpsec.funaisoken.co.jp/funai-finance/seminar_lp/052464_lp/

※お申し込みは先着順となりますので、お席が埋まりましたら
ご参加が難しくなる場合がございます。お早めのお申し込みを推奨いたします。
※経営者若しくは財務責任者の方のみとさせていただきます。
※事業会社向けのセミナーでございますので、同業、競合等に該当する企業様の
ご参加をお断りさせて頂く場合がございます。予めご承知置き下さいませ。

【この記事を書いたコンサルタント】
竹村 良太

早稲田大学卒業後、地方銀行に入行。8年間の銀行業務では、中小・中堅企業から上場企業まで幅広い法人営業を経験。その後、船井総合研究所に入社。
前職時代は事業性評価・財務分析に基づく融資業務に取り組み、中小企業・上場企業向け融資実績を数多く残す。
経営者に寄り添い「三方よし」の精神で財務コンサルティングの提供を行っている。

flag人気の記事
gradeオススメの記事

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less