財務トピックス(コンサルタントコラム)

【串カツ田中】コロナ禍の事業×財務戦略転換の秘訣

  • 最終更新日/

――――――――――――――――――
逆境をチャンスに変えたい経営者の皆様
――――――――――――――――――

昨日配信の「使えるお金はあと、どれくらい?~コロナで変化する金融時流~」の続きとして、今回は戦略財務経営フォーラム11月例会にゲスト登壇いただく株式会社串カツ田中ホールディングスのコロナ禍における戦略転換のポイントを見ていきます。

早速ですが、
①コロナショックが過ぎ去るのをひたすら待つ経営者
②逆境をバネにコロナを飛躍のチャンスと捉え直ちに行動に移せる経営者

どちらになりたいですか?と問われたとき、②になりたいと答える経営者しかいないと思います。しかし
③思いとは裏腹で行動に移したいけど移せない経営者
が実際には多いのではないでしょうか。
③に該当すると思う経営者の方は読み進めてください。

1.とはいえ事業戦略はすぐには変えられない

コロナの影響を受けて事業戦略転換を余儀なくされた会社は多数ありますが、差別化の8要素の観点から、戦略転換が可能かどうか考えます。
船井総研では競合に勝つため「差別化の8要素」を掲げており、そのなかで最優先されるのが「立地」です。

飲食業に代表される店舗ビジネスの場合、立地の良しあしにより売上の大部分は決まってしまいますが、コロナ禍においては、都心型店舗は苦戦、地方郊外型ロードサイド店舗は健闘している状況です。
飲酒運転厳罰化の際は郊外型が大ダメージを受けたように、都市型と地方郊外型の優劣は外部環境が変化する度、入れ替わっています。

しかしながら、店舗立地は変えられない(戦略的差別化)ため、自社の立地形態が不利になった際には、その立地形態の中で出来ること(戦術的差別化)をいち早く実践に移さなければならないのです。

2.コロナ制度融資を借りて茹でガエル状態になっていませんか?

店舗ビジネスは毎日現金が入ってくる、いわゆる「日銭商売」のため、平時では大きく資金が必要になるのは新規出店のときのみです。
しかしながら、コロナ影響による集客減からの売上の急速な減少は、毎日現金が入ってくる日銭商売の前提が崩れました。
そうすると出店時に借りたお金が返せない状況となるのですが、国をあげてのコロナ制度融資を活用している会社がほとんどでしょう。

一方、赤字補填額を大きく上回るお金をコロナ制度融資にて借入してしまい、資金がダブついており、結果として、上述のコロナショックが過ぎ去るのをひたすら待つ経営者となっている方も多いのではないでしょうか。
それでは逆境をチャンスに変えることはできません。

3.逆風の店舗ビジネスでチャンスをつかみたい経営者の方へ

以上のように、特に店舗ビジネスにおいては事業戦略の転換は難しく、財務についても茹でガエル状態となった結果、コロナショックが過ぎ去るのをひたすら待つ経営者となっていないかというお話をさせていただきました。

そんな状況の中、逆境をバネにコロナを飛躍のチャンスと捉え直ちに行動に移せる経営者は何を考え実践しているのか知りたくないでしょうか?

4.あの串カツ田中の貫社長に聞く、コロナを機に採用した事業×財務戦略とは【初回お試し無料】

この度、弊部主催の戦略財務経営フォーラムでは、株式会社串カツ田中ホールディングスの貫社長をお招きし、「2021年度時流予測×事業・財務戦略」をテーマに2020年最後の例会を締めくくります。

「逆風の業種、業態においてピンチをチャンスに変えたい」経営者の皆様、コロナ禍で大打撃を受けた飲食業界、そんな業界を代表する企業の一社である株式会社串カツ田中ホールディングスの貫社長が見据える2021年度の時流予測、企業の経営戦略、財務戦略にご興味あられる方は是非お申し込みください。

◤初回お試し無料!串カツ田中貫社長の講演が聞きたいからはコチラをチェック◢
初回お試し無料!串カツ田中貫社長の講演が聞きたいからはコチラをチェック

【日程】11月18日(水)13:00~16:30
【場所】WEB開催(zoom使用)
【料金】初回「お試し参加」無料
【講座テーマ】コロナ禍における戦略大転換事例~串カツ田中が採用した事業×財務戦略とは~
【講座構成】
第一講座 船井総合研究所 金融・M&A支援部 ディレクター 宇都宮勉
「転換点としての2020年~コロナ前後に起こった経営環境の変化~」
第二講座 株式会社 串カツ田中ホールディングス 代表取締役社長 貫啓二 様
「串カツ田中トップが語る!2021年度時流予測×事業・財務戦略」
第三講座 船井総合研究所 金融・M&A支援部 リーダー 小松靖教
「事例講座~コロナ禍でも経営に活きる財務戦略を実現し続ける事例企業紹介~」
まとめ講座 船井総合研究所 金融・M&A支援部 リーダー 石田武裕

【お申込みはこちら

~戦略財務経営フォーラムテキストダイジェスト公開中~

【レポートダウンロードは▼コチラ▼から】

戦略財務経営フォーラムテキストダイジェスト

【この記事を書いたコンサルタント】
竹村 良太

早稲田大学卒業後、地方銀行に入行。8年間の銀行業務では、中小・中堅企業から上場企業まで幅広い法人営業を経験。その後、船井総合研究所に入社。
前職時代は事業性評価・財務分析に基づく融資業務に取り組み、中小企業・上場企業向け融資実績を数多く残す。
経営者に寄り添い「三方よし」の精神で財務コンサルティングの提供を行っている。

flag人気の記事
gradeオススメの記事

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less