財務トピックス(コンサルタントコラム)

3月度キャッシュフロー経営フォーラムの振り返り

  • 最終更新日/

はじめに

3月のキャッシュフロー経営フォーラムにご参加いただいた皆様、大変ありがとうございました。

さて3月のフォーラムでは経営判断に役立つ財務分析手法をテーマに情報交換会を含めた3講座をお送りしました。今回は情報交換会を除く2講座の要点を振り返りたいと思います。

中小企業版IRを作成することの意味

中小企業がIR資料を作成して情報公開することは昨今のコロナ市況において重要です。なぜなら、コロナの影響によって多くの企業が赤字になっており、金融機関としてはその赤字は一過性なのか慢性的なのかは重要な情報になるからです。また、その逆もあり黒字であれば、なぜ昨今のコロナの影響があっても黒字を保つことができたのか説明することが今後必要な情報開示になります。

そして、中小企業IRは決算の2期比較をしたうえでなぜ数字が変動したのかの要因を記載していく方法で作ります。例えば、固定資産が増えているのであれば、どのような理由で投資をしたのかや人件費が増えているのであれば、何のために何人の従業員を雇ったのかなど数字では表すことのできない情報を開示していきます。

さらに、借入についての情報も記載しておきます。昨今のコロナ融資によって借入を増やしている企業が多いかとは思いますが、それをどのように活用しているのかを説明することも必要です。また、借入一覧を作成して各銀行の借入条件を精査することで、どの金融機関が最も自社を支えようとしているのかは把握しておくことが危機を乗り切る方法になります。

棚卸資産の価値を示す

金融機関からの格付けの評価を上げることは、昨今のコロナ禍では喫緊の財務課題になります。なぜなら、コロナの影響で金融機関も優良先への貸付に注力しているからです。そのため、金融機関からの財務的な評価を上げる必要がありますが、そのための方法として棚卸資産の価値を証明する方法があります。そもそも金融機関は決算書をもらい資産性がない棚卸資産があれば減算して評価します。なので、保有している在庫を1年以上保有していたり、在庫がどんどん増えている場合は、要注意です。もし、資産性があり販売が可能であるのであれば、それを補足資料として説明することで減算されることを避けることができます。

このようにコロナ下では金融環境も大きく変わっていることから、今までは行っていなかった取り組みを着々と行っていくことが、自社の財務状況を良くするきっかけになります。今回は自社を知ることで外部に情報を発信するために財務分析をテーマにしましたが、当フォーラムでは様々なテーマを扱う予定です。


 
船井総合研究所 金融・M&A支援部では2021年4月26日の10時より、WEB配信にて「戦略財務・キャッシュフロー経営フォーラム研究会説明会」を開催します。一同、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

<開催概要>
「【web】戦略財務・キャッシュフロー経営フォーラム研究会説明会」
◆日程 :4月26日(月) 10:00~11:30

◆場所
オンライン開催(PCがあれば全国どこからでも参加いただけます)

◆講座内容
  第1講座:今とるべき財務戦略
  第2講座:成長企業に学ぶ事例講座
  第3講座:まとめ講座

◆WEB説明会について詳しく知りたい方はこちらから
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/072748

※当該セミナーは事業会社の経営者の方向けのWEB説明会です。コンサルティング会社等弊社の同業者、士業の方にお申し込みを頂戴しても、ご参加をお断りする場合がございますので、悪しからずご了承くださいませ。

【この記事を書いたコンサルタント】
中西 叶

関西学院大学経済学部卒業。
船井総合研究所入社後は再生エネルギー業界、人材ビジネス業界への業績アップコンサルティングに従事。
販売サイトの新規立ち上げプロジェクトへの参画、販促支援、採用サイト立ち上げに関する調査プロジェクトへの参画にて業績アップ実績有する。
2020年1月より金融M&A支援部財務チームへ異動。
各業界での業績アップ経験をもとに、広い視点での財務コンサルティングが持ち味

flag人気の記事
gradeオススメの記事

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less