コンサルタントがわかりやすく説明!
財務の基礎知識

融資 ~財務の基礎知識~

融資とは

融資とは資金を融通すること。


これはお金を必要とするものに対して貸出をするということになります。


主な融資を受ける形態としては銀行などの金融機関から資金調達を行うケースが多いです。


この際、実際に取り組みをする融資の手法としては多岐に渡りますが、主なものが金銭消費貸借契約といった形での証書借入を用いるケースです。


それ以外に当座貸越、手形借入、手形割引といった手法がございます。


その取り組みについても相対的な資金調達をするケース、或いは複数の金融機関で協調型で融資を受けるケースなどがあります。


実際、融資を受けた後に返済する方法として元金均等返済、元利均等返済、期日一括返済といったような手法がございます。


融資を受けるメリット

その融資を受ける理由として一番大きなポイントとしては事業投資スピードを加速させる


これが一番のメリットかと思います。


通常、事業を行う上でお金を貯めてから新たな事業投資をするといったことが一般的ですが、これはお金を貯めるまでに一定の時間が必要になります。


ですが、融資を受ける場合にはそのお金を貯めるといった時間を短縮するという効果が見込まれます。


また、自社自体が対外的な信用力を高めるという意味で金融機関から貸出を受けられるということについての信用力を対外的にも示すことができると思います。


また、情報収集手段の多様化という点で本業でのつながり以外の情報集


これは金融機関が固有に持っている情報網から不動産情報をキャッチすることや、ビジネスマッチングの提案を受けるといったことを想定しております。


融資を行う上で失敗してしまうケース

実際、この融資を取り組みする上でよくある失敗事例が、

金融機関からの売込をそのまま融資として受けるケースで事業実態に合っていない借入、主に長期の運転資金を調達して融資を受けてしまい本来であれば短期での借入をすべきものがアンマッチになっているケースなどがまま見られます。


現在、船井総研では各事業実態に合った借入を推奨させていただいており、短期で営業収支で返す部分、或いは事業収支で返す部分といったものの長短バランスの是正をみなさんに推奨しております。


財務体質改善に役立つレポート配布中!

flag人気の記事
gradeオススメの記事
最新!経営者の財務活用事例レポート

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less