コンサルタントがわかりやすく説明!
財務の基礎知識

決算書 ~財務の基礎知識~

決算書とは

決算書とは、正式には財務諸表のことをいい、これは貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、キャッシュフロー計算書などのことを言われます。


主な構成としては貸借対照表、即ちBSです。


これは、決算時点の企業の財産と負債で構成される部分になります。


この資産勘定と負債、資本勘定がバランスするのが貸借対照表というものになります。


一方で、損益計算書、所謂PLという部分については企業の一年間における売上、損益を示す部分になります。


この損益、利益部分に関して、カテゴリは大きく5つに分かれます。


売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期利益、税引き後当期利益です。


決算書が重要な理由

皆様が普段行われる決算書が重要な理由としては、まず第一には税務申告手続きのために必要になります。


一年間収益を稼いだものに対していくら課税していくのかといった算出根拠がこの決算書から求められます。


また、対外的な取引を行うための説明資料として重要性があります。


これは企業を唯一定量的に判定する重要な指標として使いますので、この水準がどのような推移をしているのかといったことが重要になっていきます。


また、自社の業務状況の把握です。


これは自社自体がどういった一年間の業績であったのか。


また、過年度においてどういったバランスを形成しているのかといったものを把握するためのストックとフローの状況をしっかり理解するための資料として重要性があります。


決算資料を作成する上での主な失敗例

この決算資料を作成する上で、主な失敗例としては「税務申告をできるだけ抑制したい」「課税所得を下げたい」といったところにばかり傾注してしまい、最終的な財務バランスが非常に脆弱な状態になってしまうケースです。


或いは、「損益をとにかく黒字にしよう」といったことによって無理に決算調整を行うことによって、翌年度以降の決算数値が予測しづらくなるケースです。


また、減価償却費を今年度計上しないことによって翌年度以降の償却負担が増してしまうケースといったものがあります。


決算資料の作成で失敗しないために

船井総研としては、こういった決算資料について税務面や対外的な主な金融機関向けの決算申告の対策、或いは許認可関係の申請に伴う数値的な分析、或いは自社のストックとフローといったものを中心に適正なバランスを目指した形で決算申告を行うことを推奨致しております。


flag人気の記事
gradeオススメの記事
最新!経営者の財務活用事例レポート

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less