コンサルタントがわかりやすく説明!
財務の基礎知識

決算対策 ~財務の基礎知識~

決算対策とは

決算対策とは、主に節税対策といったものが皆様のイメージでは大きいのではないかと思います。


決算対策は、課税所得を抑制し、納税負担額の軽減、或いは猶予といった効果を見込んでいるケースが多いです。


その他で言うと、まずは金融機関対策です。


これは、融資を取引する上でクリアすべき指標をイメージしながら、どのような決算をデザインするかといったことを主に行われるケースがあります。


或いは取引様向け対策も挙げられます。


これは、許認可関係を主に事業としてお持ちでいらっしゃる人材派遣や、建設業関係といったところでクリアすべき指標をイメージしながら決算対策を組まれるケースが多いかと思います。


決算対策を行う主な理由

この決算対策を行う主な理由としては、納税額の抑制や資金繰りの考慮といったものが主に挙げられます。


特に業績拡大時に納税負担額が急激に負担するケースが多いのですが、資金繰りへの影響を考慮し、できるだけなだらかに対応していきたいということで納税額を抑制するといったことが重要なポイントとして挙げられます。


また、円滑な金融機関取引の創出です。


金融機関からの融資取引が将来に渡って円滑に行えることによって資金繰り悪化による事業への影響をできるだけ自制していくということが挙げられます。


そして、許認可ビジネスの継続も挙げられます。


決算対策を行わなかったことによって守るべき指標がクリアできなかった場合、翌年度以降の事業運営の許認可が失われるケースもありますので、決算対策は必要だと思われます。


決算対策の主な失敗事例

決算対策の主な失敗事例としては、納税額の抑制といったところに傾注してしまい、財務バランスが脆弱な状態での申告をするケースがまま見られることです。


例えば、バランスシートの中での純資産が脆弱なケースです。


これは、金融機関取引において非常にポイントが低くなってしまいます。


結果、翌年度以降の資金調達への影響を及ぼし円滑な融資取引、金融機関取引ができなくなってしまうというケースが想定されます。


 


失敗しないために

船井総研としては、この納税額といった部分だけではなく金融機関或いは許認可といったものも視野に入れながらあるべき形での決算対策を行うことを皆様に推奨しております。


flag人気の記事
gradeオススメの記事
最新!経営者の財務活用事例レポート

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less