経営者の財務活用事例レポート

不景気でも資金繰りに困らない会社を作る3つの”適正化”とは

景気が悪くなってもうちの会社は大丈夫、と言えますか?

皆様は、下記のような不安はありませんでしょうか?
「景気が悪くなったとき、銀行はお金を貸してくれるだろうか?」
「売上が下がった時、資金繰りは大丈夫だろうか?」

このような不安は経営者であれば一度は不安になったことはあるのではないでしょうか。
2019年は消費増税や東京オリンピックの建設特需の沈静化など、景気後退に繋がるようなキーワードを耳にする機会も多く、景気後退局面への対応を検討し始める経営者も増えております。

景気や業績が良い間は、上記の3つの適正化がされていなくても、問題は起きにくかったり見えにくかったりします。
しかし、景気や業績が悪くなってくると、問題が表面化して牙をむいてくるのがこれらの財務の問題点です。
本コンテンツでは景気が悪くなっても資金繰りに困らない会社を作るための3つの“適正化”についてご紹介いたします。

flag人気の記事
gradeオススメの記事
船井総研が発行する無料メールマガジン

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less