お客様の声

複数の事業所統一の夢実現に向けて、 広告投資も5年後の財務予測も可能に

カーポート須坂 有限会社 代表取締役 亘政典氏

Before
・無借金で堅実な経営
・借入が必要な大型投資はしていない


After
・広告投資が可能になった
・2年で売上+5.5億に!
・金融機関が良きパートナーになった

カーポート須坂 有限会社 代表取締役 亘政典氏
社長就任後2年で売上高は4.5億円から10億超へ 当社は4WDの軽自動車を専門とする長野の会社です。2017年から2代目社長として就任しました。もともと当社は整備工場から始まりました。そこから鈑金工場を作り、2013年には展示場をオープンさせました。展示場は現在、一か所。この規模のわりには、テレビCMや販促チラシの広告宣伝費は多くかけていると思います。

顧客は新規が9割で既存が1割。この数字は、全体数が減って比率として新規が増えたわけでなく、実数として増えた結果です。就任時、4.5億円だった売上高は、現在10億円を超えています。この要因の一つが財務改善でした。

各事業所を一か所に事業拡大が財務見直しのきっかけ 当社は、先代社長(現会長)が「石橋を叩いても渡らない」くらいの堅実さから、長く無借金経営で続けてきた会社です。業績は伸び、お客様の喜ぶ声も聞こえていました。課題という課題は見当たりませんでした。しかし、今後の事業拡大を考えたときに、どのくらい投資ができるか、資産がどのくらいあるのかが見えていませんでした。当時は、先代社長の勘に頼り、専務取締役だった私も実は売上を追っているだけ。蓋を開ければ、帳尻は合っているのですが、それも堅実なことしかしていないから当然の話ですよね。

しかし、投資すべき時期はあると思います。現在、2工場と展示場とはそれぞれ別の場所にあります。先代とはこれを一か所に集約したいという「夢」を10年近く話してきました。しかし、億単位の借入をするその体力も見えないまま、理想を話すだけの状態でした。

2016年頃、これを具体的に進めるためにも、まずは、どれだけ可能かを把握したいと考えたことが、財務改善に取り組んだきっかけです。

自社の財務状況を整理し、月に1〜2回金融機関と面談 学び始めると、課題が見えてきました。例えば、中古車販売を始めるにあたり、長期の借入をしましたが、金利が高く、保証協会を通し、保証人、担保が必要でした。2017年にコンサルタントに相談をして、6月には4行の金融機関との面談が始まりました。このとき「金利を下げてくれ」などの上から目線の依頼はしないこと。あくまで、当社の財務状況から判断してもらい条件をいただきました。また、金融庁が発信するタイムリーな情報をつかんだうえで話すと、やりとりがとてもスムーズでした。

こうして月1〜2回の面談。まずは1行が決まりました。そこから他行に対しては、先に融資が決まったことを匂わせるように、資金を移動したところ、そちらでも融資をしていただけるようになりました。また面談を重ねていく中で、「他行はいくつでやっていますか?」などと質問されても、絶対に答えなかったですね。それをやってしまうとお互いにつぶし合いになってしまいますから。「御行で弊社の財務状況を判断いただいて、できる範囲の中でお願いします」と言うと、だいたい理想以上をご提案いただけました。今では利害関係だけでなく、さまざまな情報を話し合える良きビジネスパートナーになれたと思います。

金融機関としても、当社がそれまではどちらかといえば勘で経営していたようなところを、財務内容を把握した着実な経営に変わったことで、ある意味安心感があるのかもしれませんね

実施から半年、広告投資にも余裕が生まれる新規店舗オープンも計画進行中 借入の長短組み換えによって、当社のキャッシュフローは大幅に改善し、攻めの投資ができるようになりました。例えば、改善前には50台が精一杯だった在庫数が、200台超まで抱えられるようになりました。また、CTI(Computer Telephony Integration)機能の導入によるCS向上や、余裕をもって広告宣伝に費用をかけられています。5月には新店舗をオープンさせ、先述の3拠点の統合も具体的な計画が始まっています。

以前は見当もつかなかった投資が、今は5年後の財務状況も予測しやすくなりました。そこは一番効果とし大きく、楽しいところです。

財務担当者を配置し、成長を加速させたい それでも現在は、財務を見ているのは、私だけです。これをしっかり、財務担当者を置いて話し合いながら事業計画を密に作るなどしていきたいです。財務は経営において一番の要だと思っています。チラシの販促効果よりも、よほど把握しておくべき。そうでないと、人を採用できるかも不透明です。それでロスが生じることは成長スピードを止めることにつながりますからね。
船井コンサルタント解説
中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
expand_less