財務トピックス(コンサルタントコラム)

商工中金経営改革プログラムについて②

「商工中金経営改革プログラムについて②」

前回、「商工中金経営改革プログラム」に基づき今後商工中金が重点的に取組む4つの分野を紹介させて頂きましたが、第二回は商工中金の取組み方針について紹介していきます。

商工中金は、新しく企業を4つのゾーンに分け、各企業のフェーズに合った支援スタイルを打ち出しました。
具体的には、企業の課題内容、財務内容により下記A~Dの4つのゾーンを設定。
ゾーンごとに課題解決に向けたソリューションの提案をしています。

・Aゾーン=キャッシュフロー着目融資
・Bゾーン=事業再生、経営改革
・Cゾーン=高リスク事業進出
・Dゾーン=新事業、創業


また、本経営改善プログラムでは、
重点分野への融資残高目標を2021年度までに31,100億円(2017年実績対比+21,300億円)と重点分野に対する融資強化を提言しています。
特筆すべきは、Aゾーン(キャッシュフロー着目融資)を2021年度までに2017年実績対比+15,500億円の見込設定をしており、本計画の中核分野であると言えます。

自社のキャッシュフローに見合わない借入をしている企業、ビジネスモデルに則さない調達をしている企には、こういった商工中金の施策を大いに活用しキャッシュフロー経営をしてみてはいかがでしょうか。
次回は、4つのゾーンを具体的にご紹介いたします。

【参考】
商工中金「商工中金経営改革プログラム」
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0493550_01.pdf

【この記事を書いたコンサルタント】
鈴木 浩史

千葉県出身。大学卒業後、信用組合に入社。
5年超、個人・法人営業に従事し、3期連続営業No.1となる。また、事業性評価による融資実績を持ち、社内のモデル事業として取り上げられる等、常に経営者の身になってソリューション提供を実施。
船井総合研究所に入社後は、財務診断、事業計画策定、銀行交渉を通して、経営者が描く企業像の実現を追及している

flag人気の記事
gradeオススメの記事
最新!経営者の財務活用事例レポート

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less