財務トピックス(コンサルタントコラム)

経理業務を効率化する銀行システム(全銀EDIシステム)サービス開始について

「経理業務を効率化する銀行システム(全銀EDIシステム)サービス開始について」

 

中小企業の多くの企業が悩みである経理業務の一部が効率化されるシステムが開始されるというニュースが出ました。

2018年12月25日から、銀行の総合振込において、振込に関するさまざまな情報(支払通知番号、請求書番号など)を受取企業に送信することが可能となります。

振込情報として請求書番号等の商取引に関する情報(商流情報)を添付することが可能となり、売掛金の消込作業の効率化、経理事務負担の軽減が期待されます。

政府が進める「生産性革命集中投資期間」と位置付け、中小、小規模事業を含め生産性の向上に向けて、企業による設備や人材への投資を促し、税制や予算、規制改革を大胆に実施していくと表明しています。

今回の取組みはそのなかの一つの施策です。全国銀行協会(全銀協)および全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)は、政府方針に基づき、2016年12月に全銀EDIシステムの構築を決定しました。

 

出典:金融庁ウェブサイト

https://www.fsa.go.jp/policy/zedi/zenginedi.html

 

経理業務の効率化として利用可能な中小企業も多いのではないかと思います。詳細はお取引金融機関にお問い合わせください。

以上

【この記事を書いたコンサルタント】
竹村 良太

早稲田大学卒業後、地方銀行に入行。8年間の銀行業務では、中小・中堅企業から上場企業まで幅広い法人営業を経験。その後、船井総合研究所に入社。
前職時代は事業性評価・財務分析に基づく融資業務に取り組み、中小企業・上場企業向け融資実績を数多く残す。
経営者に寄り添い「三方よし」の精神で財務コンサルティングの提供を行っている。

flag人気の記事
gradeオススメの記事

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less