財務トピックス(コンサルタントコラム)

事業承継士について

https://maonline.jp/articles/jigyo-syoukeishi?page=2

(出典:M&A ONLINE-2018.7.14)

 

「M&Aをもっと身近に。」というコンセプトの報道サイト、M&A ONLINEにて2018年7月14日、時流に適応している興味深いニュースが掲載されました。タイトルにもありますように、事業承継士という資格についての説明記事でございます。

たしかに、事業承継には「事業承継の必要性の認識」「事業承継前の経営改善」「後継者の選定」「株式や保有資産の評価」など、行うべき業務が多岐にわたります。一方で、それぞれのフェーズにおけるプロフェッショナルもまた公認会計士、税理士、司法書士、経営コンサルタントなど多岐にわたります。これらを一連の業務として全体的にコーディネートするのが事業承継士というわけです。

いわゆる団塊の世代が70歳を迎えるのが、2017年から2018年にかけてというデータからも、事業承継は今後5年間の間に急増していくものと判断されます。しかしながら一般的には承継を考え始めるタイミングとしては、上述の通り事前準備が圧倒的に多いことからも、5〜10年ほどの期間を要すると考えられています。

従って、事業承継支援を行う側(事業承継士)も事業承継を行う側(中小企業オーナー)も、しっかりと準備期間を設けて、中長期的に承継を行っていくべきであると考えます。

【この記事を書いたコンサルタント】
金川 祐士

帯広緑陽高等学校、中央大学法学部を卒業し、地方銀行に入行。
銀行では、法人融資を担当し、地場産業の成長途上の企業や業績が落ち込んでいる先など変革期を迎えている取引先を担当。安に依頼事項だけの相談に留まるのではなく、真に必要なことを考えるスタンスに定評がある。
「社長の想いを実現する」を信念に、企業に寄り添いコンサルティングを行っている。

flag人気の記事
gradeオススメの記事
最新!経営者の財務活用事例レポート

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less