経営者の財務活用事例レポート

キャッシュフローを最大化させる新たなお金の借り方返し方

「借りたい時」に「望む条件」で、お金を借りることが出来ていますか?
本コンテンツをダウンロード頂きまして誠にありがとうございます。
皆様は表題にあるように、「借りたい時」に「望む条件」で、お金を借りることが出来ていますでしょうか?
多くの企業様ではこのような 「自社主導でのお金の借り方」 は実現出来ていないのが現状です。

結論からズバリ、申し上げると
「自社主導のお金の借り方」は、財務戦略を立て銀行交渉を行うことで実現することが可能です。

昨今の金融機関を取り巻く環境は、急速かつ大胆に変化しています。中でも法人融資に関する部分は変化が顕著で
バブル崩壊後の金融機関取引を約20年間に亘って規定してきた“金融検査マニュアルの撤廃”に伴い、
 ・これまでの決算書の数字・担保保証等保全に依存した「金融機関を守る」姿勢の融資から、
 ・事業性評価、保全依存からの脱却、短期継続融資など「金融機関がリスクを取る」姿勢の融資へと変化しています。

こういった融資姿勢の変化を享受した「自社主導のお金の借り方」を実現する銀行交渉で、最も重要なことは
自社の財務や「自社にとって正しいお金の借り方」を整理し、「財務戦略」に基づいた銀行交渉をするということです。
本コンテンツでは、このような資金調達における注意点や財務戦略について解説します。
このレポートが、読者の皆さまの一助になることを願っております。

目次

0.はじめに

1.自社主導のお金の借り方・返し方とは

2.自社主導のお金の借り方を実現する為に

3.財務戦略のポイント

3-1.自社の銀行評価を知る

3-2.今期必要な資金を知る

3-3.最適な借入方法を知る

3-4.交渉すべき金融機関の選び方

4.財務戦略の立てるために今実行して頂きたいこと


flag人気の記事
gradeオススメの記事
最新!経営者の財務活用事例レポート 船井総研が発行する無料メールマガジン

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less