コンサルタントがわかりやすく説明!
財務の基礎知識

借入 ~財務の基礎知識~

借入とは

借入とはお金を借りることを言います。


これは事業性の融資、或いは消費性のキャッシングというものが一般的には言われております。


お金を借りる行為といったものを幅広く総称しておりまして、特にローンの場合は住宅、或いは自動車などのオートローンといった購入物が特定されているための借入を指します。


借り手側は借入、貸し手側は貸出といった言葉を使います。


この貸出と類義語として融資というものがありますが、融資とは、返済を付して行うことを指します。


借入を行う理由

この借入を行う理由としては、事業投資スピードを加速させるという意味が一番大きくあります。


本来、事業を行う上で新たな事業投資をする場合、お金を貯めてから新規の投資を行うことが一般的ですが、これはお金をしっかり貯めるまでに時間がかかってしまうといったスピード感の問題点が発生します。


その点、借入を受けることによって貯蓄をする、貯める期間を短縮することで新たな事業投資を行うということを展開としては望めます。


また、借入自体を対外的に行うことについて財務リテラシーの向上を見込んでおります。


これは新たな金融機関から借入を調達するといった際にどういった手法で行う、或いはどういった条件で行えばいいのかといった財務的な知識を高めることを見込んでいます。


また、情報収集手段の多様化ということで借入を行うことにより対外的な金融機関とのリレーションを図り、本来本業以外で収集できなかった情報の部分についても新たにキャッチすることができると考えられます。


借入を行う上でよくある失敗事例

この借入を行う上でよくある失敗事例としては調達形態が本業と合っていないケースです。


例えば、営業循環で、シーズンものの洋服を仕入れて売るべき短期で借りるようなお金を長期の運転資金で借りてしまったり、或いはお店を出店する場合にも関わらず短期でお金を調達してしまったりといったお金の入り方、出し方というものが上手くマッチしていないケースがままありますので、そこについては十分ご留意いただきたいと思っています。


私ども船井総研としてはそういった事業実態にあった形でのお借入を推奨しており、今現状の財務状況でアンマッチの部分をリバランスしていくことを皆様には推奨しております。


財務体質改善に役立つレポート配布中!

flag人気の記事
gradeオススメの記事
最新!経営者の財務活用事例レポート

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less