コンサルタントがわかりやすく説明!
財務の基礎知識

持株会社 ~財務の基礎知識~

持株会社とは

持株会社とは他の株式会社を支配する会社のことをいいます。

俗に、純粋持株会社或いはホールディングカンパニーとも呼ばれます。


持株会社を作成する方法

この持株会社を作成する方法として主な手法は抜け殻方式、株式移転方式、株式交換方式などがあります。


抜け殻方式というのは元々事業会社があり、それをホールディング化し、事業実態自体は別の会社に移管するといった手法を取ります。


株式移転方式というのは新設の株式法人を作り、そこに事業会社の株式を取得させるという手法を取ります。


また、株式交換方式というのは新設法人の株式と事業会社の株式を交換することによってホールディング化をする手法を取ります。


持株会社を設立するメリット

持株会社を設立する主な理由としては採算管理の明確化、組織力の強化が挙げられます。


従来、事業会社一社で行っていた事業部門ごとを各事業会社にすることにより、より採算状況が明確化されます。


また、各従業員がその会社の代表権を得ることにより従業員自身の意識改革、戦力化が見込まれます。


また、事業実態を新たな事業法人を設立する場合の新設法人を設立する場合であるとか、事業会社ごとに売却するといったものが容易に手続きできます。


従来、事業会社一社で行っていた場合、事業部門ごとに売却するといったことがなかなか難しいケースがありますが、ホールディング化することによってそういった手続きが容易にできます。


また、税制面のメリットが教授できます。


これは子会社からの受取配当金が全額総益不算入になるといった税制メリットが見込まれます。


持株会社を設立した場合の失敗事例

この持株会社を設立した場合でも主な失敗事例として子会社が親会社に対して決済を仰ぐといったお伺いが増えてしまうケース。


或いは子会社ごとの横の連携が図りづらくなってしまうケース


また、ホールディング化をすることによってその持株会社自体が融資を受けづらくなるケースが想定されます。


持株会社の設立で失敗しないために

船井総研ではこういった事業会社ごとの連携、或いは融資を受けるケースといったものも想定しながら円滑なホールディングカンパニーを運営していくことをサポートさせていただいております。


財務体質改善に役立つレポート配布中!

flag人気の記事
gradeオススメの記事
最新!経営者の財務活用事例レポート

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less