コンサルタントがわかりやすく説明!
財務の基礎知識

一括償却 ~財務の基礎知識~

一括償却とは

一括償却とは、取得した固定資産を3年間で均等に償却することをいいます。


これは、取得価格が20万未満の固定資産に限って適用されます。


通常、固定資産を取得した場合、各取得した物件により耐用年数、償却期間といったものが異なります。


ですが、この一括償却を適用することにより耐用年数を調べる労力を省力化し、3年での均等償却が適用できます。


この償却手法を使い、費用を前倒しで計上することにより課税所得を抑制し、キャッシュフローの改善が見込めます。


一括償却を取り組む主な理由

一括償却を取り組む主な理由としては、税制メリットによるキャッシュフローの改善です。


これは、本来かかるべき課税所得を、費用を前倒しすることで可能な限り抑制することにより、納税負担額を抑えられ、キャッシュフローの改善が図られます。


次の理由としては、事務負担の省力化による生産性の向上です。


通常、パソコンやカメラなど、20万未満の固定資産を取得した場合、取得したもの全ての償却対象資産を調べて減価償却を行うというのは、事務上、非常に繁雑になります。


ですが、この一括償却という手法を用いて3年の均等償却をするということによって事務面の省力化を見込めます。


一括償却を用いることでの失敗事例

この手法を用いることで失敗する主な事例としては、あまりにも過大な投資をしすぎることによって損益への悪影響を及ぼしてしまうケースが想定されます。


今期の損益予想を十分にしない中、設備投資或いは固定資産の投資を過大にしすぎたことによって償却負担が多額にかかってしまい、営業利益、経常利益といったものが棄損するケースがあります。


また、それによってBSが大きくバランスが崩れてしまい円滑な事業投資、金融機関取引が見込めなくなるケースがあります。


私ども船井総研としては、この投資をする際、あるいは投資をした後のBSを想定し、円滑な事業運営、金融機関取引をできるように皆様をサポートさせていただいております。


flag人気の記事
gradeオススメの記事
最新!経営者の財務活用事例レポート

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less