コンサルタントがわかりやすく説明!
財務の基礎知識

負債×改善 ~財務の基礎知識~

負債×改善

負債と改善、これは長期と短期の借入のバランスを見直す、

或いは長期借入期間の適正化を図る、

或いは長期借入期間の調達工数を是正するといったものが大きく考えられます。


通常、長期と短期の借入のバランスがアンマッチになっているケースが多く見られ、実際融資を受けられている事業会社の約7割は、これが上手くマッチしておりません。


また、長期の借入期間の適正化というものは投資している物件から得られる収益、これに対して返済額がマッチしていないケースというのもまま見られます。


また、多くのケース、金融機関から長期の運転資金の売込があり毎年資金調達を行うことで調達工数がどんどん増えていき最終的に財務収支が忙しくなるといったケースがまま見られます。


負債と改善を行う理由

この負債と改善を行う理由としては財務リテラシーを向上していくことにあります。


従来、金融機関から借入を行う際、提案を受けていたものをそのまま鵜呑みにして調達していたものを自社の事業実態、収支状況を理解しながら調達をするといった財務についての考え方、知識の向上を図っていけると思っています。


また、自社の財務バランスの適正化を図ることによって最終的な自社の事業収支に合った借入をすることによってしっかりした財務バランス、負債のデザインを目指していけます。


次に、キャッシュフローの改善による資金繰りの安定化も見込めます


これは事業収支に見合った返済負担を行うことによってお金がしっかり貯まる仕組みづくりが構築できるということが今回の見直しを行うことによって考えられると思っています。


よくある失敗事例

よくある失敗事例として賃貸用不動産を購入している場合に当初不動産を取得する期間が融資10年で調達をしているケースなど実際の賃貸収入を30年間見込めるような物件にも関わらず返済期間が10年である。


こういった場合にはよく返済負担の方が大きく最終的なキャッシュアウトを多分にしているケースがまま見られます。


また、年度の調達資金を毎年一定額調達し続けることによって年間の返済負担がどんどん雪だるま式に大きくなり事業収入では賄いきれない返済負担を強いられるケースがままあります。


船井総研ではこういった取得しているものに対する収益力、或いは調達の手法を是正することによって全体的な収支バランスを綺麗にし、円滑な事業運営を行うことを推奨しております。


財務体質改善に役立つレポート配布中!

flag人気の記事
gradeオススメの記事
最新!経営者の財務活用事例レポート

共に経営者を支援する仲間をご紹介します。

中小企業が次々と資金繰り改善に成功した究極の資金繰り改善策
メルマガ登録
財務面でのお悩みを解決!無料レポートダウンロード
expand_less